FC2ブログ
折り畳み式三本ローラー台がAmazonで1万円以内の格安で買える!!
iimono117 サイクルトレーナー 3本ローラー 台 折り畳み式 / ロール 間隔 5段階 調整 自転車 サイクル レジャー アウトドア トレーナー トレーニング サイクリング シェイプアップ

ロードバイク 新年初ライド ターマック

ロードバイク ターマック
2019年1月1日新年明けましておめでとうございます。

ロードバイクに乗る機会がめっきり減ってしまってメタボ太りが前回のたけたけです泣

一応こういうロードバイクを乗ってるからにはそれなりにロードバイクを走らせる責任がある?という後ろめたさを感じながらも2019年は身体を鳴らしながらダイエットを兼ねてロードバイクに乗る回数を増やしていきたいと思います。

2019-01-01_11-19-57_652.jpg
サイコンのガーミン本体は適度に充電をしていたのですがサイコンのケイデンスセンサーはコイン電池の交換式なのでロングライド前に交換したり適度にメンテナンスをしていましたが冬場になりその作業も放置気味だったので新年早々にケイデンスセンサーの電池が走っている途中で切れました汗

いかにロードバイクで走っていない証拠ですね。

2019-01-01_11-22-54_688.jpg
ロードバイク乗りが愛用するサイコン用の電池CR2032リチウムコイン電池
自転車部品にはこの電池が使われることが多いですね。

100円均一のローソンで購入しましたがローソンブランドで2個入りと三菱製で1個入りとあったので三菱製を買いました。
ここで電池をケチると後々痛い目にあうので高額なサイコンであるガーミンを電池事故で壊さないようにある程度はメーカーを選びましょう。

2019-01-01_11-45-31_470.jpg
近場の湊川神社がメチャクチャ混んでいたので柳原の蛭子神社で初詣しました。
こちらの神社はエビスさんの時はメッチャ混むのですが初詣はガラガラでした苦笑
まあ神社の種類はあると思いますが神社は神社だと自分に言い聞かせてOK牧場!!

2019-01-01_12-33-59_173.jpg
そして舞子公園到着です。
明石海峡大橋がいつでも見れる環境って最高だ!!!
いつもながらの平坦ルートですが走りなれた道で自分のロードバイクの脚力というか能力を測ると如何にサボっていたか分かりますね泣
25km/h出すのも始めのうちはしんどかったし・・初心にかえろう!!
俺はロードバイク初心者だ苦笑

2019-01-01_13-10-11_065.jpg
カメラ機材も重たくて走ってられんwwww
今度はコンデジのRX100にする!!
新年初ライドだから一眼レフカメラで撮影する醍醐味を味わいにきた初ライドです( ´∀` )

2019-01-01_13-09-29_540.jpg
というか一眼レフカメラを始めて写真技術が上がって綺麗な写真に拘るようになったのでスマホ写真でも結構綺麗なんですよ;;
今回のブログで使っている写真は全てスマホだしコレくらい写せたらロードバイクで走ってる写真品質は良いかと思う。

2019-01-01_13-21-30_629.jpg
スマホのカメラで十分に風景写真も撮影できるし重たくて大きな一眼レフカメラは本当に趣味の世界です苦笑

2019-01-01_13-08-29_210.jpg
まあこういう場合はスマホのカメラでは難しいと分かっていながら使える写真を撮るのもある意味チャレンジャーですね。

2019-01-01_15-14-43_543.jpg
行きは日差しがあって1月にしては寒く無かったけど少し曇っただけで冷えてきました。
本当に風邪だけは引きたく無かったので速攻に神戸に戻る事にしました。

帰りの時は身体が慣れてきたのでケイデンスが上がって面白みがアップしましたが重いギアはまだまだ踏めないし回せないですね。
とりあえず25km/hのペースから30㎞/hペースまで上げて次の段階で30-35km/hのコントロールまで上げないと話にならんというか恥ずかしいwwwwww

とりあえず2019年のロードバイクの目標は2年前の自分を取り戻す事ですね!!
それではロードバイク乗りの皆様方。
今年もよろしくお願いいたします。













tag : ロードバイク 初心者 Tarmac ケイデンス 一眼レフカメラ

FELT F75でゆっくりポタリング

IMG_0803.jpg
ご近所のごゆっくりマシンのFELT F75
まあ・・近所をゆっくりと走って買い物に行くには非常に都合の良いロードバイクです。
ターマックさんの場合は駐輪の際に盗難に非常に気を使うのでコレくらいのお気軽なロードバイクは練習にも都合が良いです。

IMG_0800.jpg
もう何世代前のホイールになってしまいましたが10速仕様のアルテグラのホイールです。
今では11速が主流なので10速のロードバイクやそのパーツは非常に安く買う事ができます。

IMG_0801.jpg
この10速のホイールに11速の改造スプロケを付けて11速に改造しています。

高価なカーボンディープホイールも持っていますが街乗りにはこれくらいのグレードの交換ホイールの方が気を使わなくて良いですね苦笑

IMG_0802.jpg
何だかんだ言ってアルミクリンチャーのホイールは手放せない存在です。
戦闘力の高い高価なホイールは正直「俺はやるぞ!!」くらい気合が入っていないと勿体ないです。

IMG_0804.jpg
ロードバイク本体にお金を掛けるより小物を揃える方がロードバイクで走るのが楽しくなります。
自分みたいなオッサンだと余計にそうなると今更ながら思います。

IMG_1910.jpg
ロードバイクで走りに出かけて写真を撮る!!
コレが今の自分のロードバイクの楽しみ方のメインになっています。

速く走るだけがロードバイクの楽しみ方ではないので自分みたいにアラフォーの40歳を超えても始める初心者の人が多いのは人気の一つですね。







tag : ロードバイク 初心者

街乗り仕様の11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況
SIMANO 105コンポで11速化しているGIANT ESCAPE R3の近況です。

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況
まあ初めから改造してカスタムしたクロスバイクとして仕上がってしまっているので予算の掛かるフロントフォークをカーボンに交換するくらいしか残されていません笑

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況
街乗り仕様なのでケイデンスも表示できない安いサイコンを付けています。

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況
ライトも少し前まではロードバイクと一緒にVOLT400をシェアしていましたがめんどくさくなったので一番最初に買ったライトを使い始めました。

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況
ブレーキまわりはMTB用のコンポであるDEOREグレードのブレーキレバーを使っています。

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況
後ろからの写真

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況

11速化したGIANT ESCAPE R3の近況
ここまでカスタムして一点だけデメリットを言えば限りなくロードバイクに近い基本性能を求めた結果「窮屈なクロスバイク」になってしまった事です。
ハンドル幅はドロップハンドル並みに短くカットしてハンドルの高さも低くコラムカットで余計な余裕を省いています。
ここまでロードバイクに近づけてしまうと、たまにママチャリみたいな遊び心で走りたい時も少しシンドイ思いをしてしまいます。

クロスバイクの遊び心を狭めてしまったのが、ある意味失敗というかデメリットですね苦笑

ロードバイクに乗っていてママチャリに乗った瞬間「ママチャリすげー!!」って言うヤツです!
という事でクロスバイクを改造してカスタムする場合は「あまりスパルタンにハードなセッティングを出さない改造」をお勧めいたします。







tag : クロスバイク 11速

シールドベアリングのシールを簡単に安く外す方法 100均一 コスパ最強

シールドベアリングのシール剥がしに高価な専用工具や自作工具は必要無い


シールドベアリングのシールを簡単に安く外す方法 100均一 コスパ最強

ロードバイクなどの自転車のBBなどの回転部の軸受けに良く使われているシールドベアリング

そのシールドベアリングの分解メンテナンスと言えばゴム製などの密閉しているシールをシールベアリング本体から剥がして取り外しグリスを綺麗に塗って剥がしたシールを再利用して戻す事になります。

このシールを破ったりして破損してしまうとシールドベアリング本体ごと交換という恐ろしい作業ですが、きちんした道具や工具を用意して作業すればホイールハブのベアリング球のグリスアップより簡単なメンテナンス作業になります。

ステープルリムーバー
専用工具は滅茶苦茶高いしマイナスドライバーを加工して自作工具を作るのも手間が掛かるのでダイソーなどの100円ショップで使える商品を探していました。

そこで見つけたのが「ステープルリムーバー」です。

ステープルリムーバー
ステープルリムーバーの本来の使い方はホッチキスの芯を外す作業です。
普通は指でホチホチとホッチキスの芯を外していくのですが指が疲れてしまいます。
それを簡単に楽にする道具がステープルリムーバーになります。

シールドベアリングのシールを簡単に安く外す方法 100均一 コスパ最強
見よ!!如何にもシールドベアリングのシール剥がしに使えそうな先っぽの形を!!
丸みと薄さと強度が絶妙なバランスで成り立っています。

マイナスドライバーや千枚通しを加工して自作工具を作ったりミシン針などでシールをツンツンしてシールを駄目にする危ない作業など眼中にありません。

シールドベアリングのシールを簡単に安く外す方法 100均一 コスパ最強
この絶妙な先端の曲り具合と丸みを帯びた先端

価格はもちろん税込み108円
コスパ最強すぎる笑

買い物ついでにダイソーなどで買っておくとBBやホイール整備の時に大活躍すると思います。

シールドベアリングのシール剥がし・シールの外し方
今回はホイールハブのフリーボディーのシールを剥がして外してみます。

円の内側からシールの境目にチョイチョイと差し込むだけで直ぐに簡単にシールが剥がれました。
もちろんシールや部品の方にも傷や破損はありません。

シールドベアリングのシール剥がし・シールの外し方
ベアリングのシールが外れたらグリスを塗りなおしてシールを元に戻して作業終了です。
シールは裏表あるので戻す時に裏表を間違えないように注意しましょう。

ステープルリムーバーの紹介はどうでしたでしょうか?
基本的にロードバイク乗りの皆さんは工具にはあまりお金を掛けたくない気質が多く失敗して「あーアレ買っておけば良かった」ってなる事があるのですがダイソーなどの100円ショップで買えるステープルリムーバーがあれば簡単にシールドベアリングなどのシールを剥がして外す事ができます。

自転車整備に使わないときは勿論ホチキスの芯を外す為にステープルリムーバーを使ってあげてください笑
処分する書類などのホッチキスの芯を外さないまま安いシュレッダーに掛けるとシュレッダーの刃を痛めてしまいます。
指でホチキスの芯を外す手間もコスパ最強でクリアしてみてください。












tag : ロードバイク コスパ シールドベアリング 自作工具 100円 簡単作業

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
冬場の寒い時期に入り雪などでロードバイクに乗れない日々が増えます。
固定ローラー練習も良いですが一度ロードバイクのメンテンスを見直してみてはどうでしょうか?

今回は前回のFELT F75 純正鉄下駄ホイールのハブのグリスアップに続き購入してから一度もハブのメンテナンスをしていないアルテグラのホイールのグリスアップを行います。

アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ 前輪編


WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
まずは簡単な前輪のハブを分解していきます。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
自分はカンパのシャマルウルトラも使っていたので感じるのですがハブの美しさを感じるシマノの技術力って凄いですね。
WH-6700というと10速時代のアルテグラのホイールですが11速の改造スプロケを使って11速のホイールとして使っています。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
内側の狭いナットに17のハブレンチを使って外側は同じ17サイズのハブレンチを持っていないのでモンキーレンチで回します。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
先日に鉄下駄ホイールのハブのグリスアップを行った経験値があるのでサクサク分解していきます。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
経験があるのと無いのとでは作業効率が全然違うので写真を撮りながらでも今回は速い作業スピードでした。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
軸のシャフトを抜いてカバーを外しました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
約2年間ノーメンテナスだったのでグリスが茶色くなっていました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
ベアリングの鉄球を抜いて

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
綿棒で大まかに古いグリスを拭き取ります。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
室内作業でパーツクリーナーの匂いはチョット困る人も綿棒だけでも数本使えば結構綺麗になりますよ。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
新しく塗るグリスの粘度で小さな鉄球を綺麗に並べる事が出来ます。
今回もピンセットは使わずに爪楊枝一本で並べました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
前輪のハブの作りはとても簡単に出来ているのでサクッとグリスアップは完了しました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
抜き出したフロントのシャフトの軸です。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
シャフトの軸の歪みや球当たりする部品の摩耗や傷をチェックしておきましょう。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
という事でフロントのホイールのグリスアップ作業は完了です!!
このカップアンドコーン型のハブは作りも簡単でありハブの仕組みを学べる素材なので是非チャレンジしてもらいたいロードバイクのメンテナンス作業ですね笑

アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ 後輪編


WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
続いてアルテグラのホイールの後輪のハブを分解します。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
スプロケットカセットを外して

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
フリーボディの反対側から分解します。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
内側と外側のダブルナットの大きさがホイール毎に違うのでハブスパナを買う時はハブスパナのセットの商品を買えば安くなります。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
パカッっとカバーを外しました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
球当たり部分のチェック

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
こちらも古いグリスが茶色くなっていました。
今回この黒いカバーは無理に外さずにつけたまま鉄球の出し入れを行って作業しました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
綿棒が大活躍する瞬間!!

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
後輪のシャフトの軸と球当たり部品のチェック

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
いよいよフリーボディの分解取り外しです。
六角レンチを使ってフリーボディを外します。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
結構すんなりと外すことができました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
シールドのシールを取り外してみて鉄球の確認とラチェット部分の爪のチェック

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
ココから組み戻しながらグリスアップです。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
ベアリングの鉄球はとても小さな部品なので無くさないように部品を整理しましょう。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
新しいグリスの粘度で鉄球を並べます。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
反対側も同じようにグリスを塗りつつ部品を戻します。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
シャフトの軸を戻すところまでくればベアリングの鉄球は外に逃げ出す事がなくなるのでココまで慎重に作業を行いたいですね。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
球当たりする部品を戻して

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
ダブルナットで球当たり調整
今回も指締めで一杯の締め加減で調整しました。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ

フリーボディ側の組み戻しも完成です。

WH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ
念入りに洗浄したスプロケットを戻してWH-6700 アルテグラのホイール ハブの分解とグリスアップ作業は完了です。

ロードバイクのホイールのハブのグリス
前回の鉄下駄ホイールと今回のアルテグラのホイールのグリスアップを行ってもハブに塗る為に新しく買ったハブグリスはまだまだ残っています。
小さな容量で凄く安いですがあと3回位はホイールのハブのグリスアップが出来ますね。

やっぱり先に鉄下駄ホイールのグリスアップを行っていた事もあり安心感があり作業が速く終わらせる事ができました。
アルテグラのホイールのメンテンスはとても簡単で












































tag : ロードバイク グリスアップ アルテグラ

プロフィール

たけたけ

Author:たけたけ
はじめまして
40歳ライダー『たけたけ』
目覚めたのは2016年1月26日
【凄まじく加速する自転車バカ?!】

機械整備メンテナンスが好きなので
整備 カスタム 改造 自分でやります

ロードバイク FELT F75
『MTBコンポで超ヒルクライム』
SPECIALIZED Tarmac SL3 Pro
『DURA-ACEへ交換一直線』

クロスバイク GIANT ESCAPE R3
『コンポーメント 11速化』
走るより弄るのが好き?ww
いやちゃんと走ってますよ^^

カテゴリ
最新記事
もっとアスリートになりたいアナタに!!
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    最新コメント
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる