折り畳み式三本ローラー台がAmazonで1万円以内の格安で買える!!
iimono117 サイクルトレーナー 3本ローラー 台 折り畳み式 / ロール 間隔 5段階 調整 自転車 サイクル レジャー アウトドア トレーナー トレーニング サイクリング シェイプアップ

ロードバイク MTBとアルテグラのクランク BBボトムブラケット交換

MTBコンポ DEORE XTクランクからアルテグラのクランクへ交換


DEORE XTクランク
MTBクランク 「DEORE XT FC-M8000」
コンパクトクランク「50-34」を越える「34-24」というチェーンリング


今回ロードバイク「FELT F75」をMTBコンポに交換して激坂スーパーヒルクライム使用にしていたマシンを、前の構成であるアルテグラのクランクとフロントディレイラーの交換をして、いわいる普通の状態に交換します。

DEORE XTフロントディレイラー
MTBクランク 「DEORE XTフロントディレイラー FD-M8025-H」
MTB用のフロントディラーはロードバイク用に比べて種類がメチャクチャあるので購入には下調べを入念に行い選びましょう。


チェーン・ペダル・フロントディレイラー・クランクの取り外し


ロードバイクのチェーン
チェーンはまた「激坂スーパーヒルクライム仕様」に戻して使う為に「ミッシングリング」が使えるリンクで切ります。
そうする事によって効果なロードバイクのチェーンを再利用できるようにします。

11速用ミッシングリンク
KMC 11速用 ミッシングリンク CL555 (シマノ,カンパ,スラム兼用) ゴールド / シルバー (Silver)

アルテグラビンディングペダル
ペダルの取り外しは緩める方向を間違えず工具を使いましょう。
シマノのペダルの外し方の簡単な覚え方は「右手側であるチェーンリング側から見て反時計方向」などです。
ようは「ペダルを回したら締まる方向の反対側」なので左側のペダルは「時計方向へ回すと外れる」です。

ロードバイク MTBクランク交換
きちんとした知識と日々の整備が出来ていれば素人でも簡単に交換作業はできます。

BBボトムブラケットの交換


MTBのBB DEORE XT SM-BB93
SHIMANO(シマノ) SM-BB93 BSA MTB用 68/73mm ISMBB93B

ここからが知識と手間と経験を必要とする「BBボトムブラケット」の交換です
最初に!この写真の状態から工具を使ったら駄目ですww
完全にアウトです苦笑

精密部品、特にネジと穴は「砂やゴミの混入」は非常に嫌がります。
砂粒一つがネジ山に絡むだけでネジ山が潰れたり回転が渋くなり固くなります。
交換作業前には必ず掃除をしましょう!

ボトムブラケット交換
綺麗になったボトムブラケット周辺

BB交換
SHIMANO(シマノ) ボトムブラケット SM-BB9000 BSA ロード用 付属/TL-FC24 68mm
おなじみのデュラエースのBBボトムブラケット SB-BB9000

ここで注意をしたいのが準備をする工具です。
SM-BB9000とSM-BB93は同じTL-FC24というアダプターを使って交換しますがアルテグラグレードであるSM-BBR60のBBはTL-FC25のアダプターを使います。
この為、完成車に付いてあるアルテグラのBBからデュラエースのBBに交換する際は「取り外し用にTL-FC25が必要」になります。
新しく交換するBBボトムブラケットにはアダプターが付属していますので間違える事はないでしょう。



アルテグラのクランク FC-6800
交換するのはアルテグラのクランクであるFC-6800
チェーンリングは52-36 クランクの長さは172.5mm!!!
身長163cmの自分にしてはかなり長いですがヒルクライマーのナイロ・キンタナ選手は168cmで172.5mmらしいのでコレを使います。

安いトルクレンチ

あとは各部の締め付けと回転チェックを行いトルクレンチでトルク管理をします。
トルクレンチは安いものでも十分ですねww
カーボンフレームだとマジで適当すると高価なフレームを駄目にするので用意しましょう。
ロードバイクのトルク管理



フロントディレイラーの交換と調整


フロントディレイラーの交換と調整
フロントディレイラーの交換自体はとても簡単ですが調整は難しいです。
これは正直「調整前の交換が雑だと難しい」というジレンマが起こります。
ワイヤーを張る前のフロントディレーラーの固定の精度をシビアに行いましょう!!

「誰でも簡単 フロントディレイラー 交換 調整」を見る

フロントディレイラーの交換と調整
フロントディレイラーを交換してワイヤーを付ける前のこの状態!!
ここが一番のポイントです。

チェーンをミッシングリンクを使って再利用して張って完成


ミッシングリンクを使う
ミッシングリンクを使う場合はチェーンを切る位置、プレートが違います。
切る前に必ず確認を行いましょう。

ミッシングリンクを使う
前にコンポ交換をする時に残しておいたチェーンを再利用しました。
元のアルテグラのコンポ構成なので調整無しのポン付けですww

簡単なロードバイク コンポ交換
クランク周りを交換する時は部品の下調べを行い作業方法リサーチしましょう。
これが一番失敗しない素人のロードバイク部品交換になります。
あとは余裕のある時間作りですね。
焦ると人間はミスをします。
「休日を一日使ってコンポの交換する」これくらい余裕をもって作業を行いましょう^^

それでは皆様方も
良きロードバイクライフをお過ごしくださいませ。

スポンサードリンク

自転車部品ならワールドサイクル

tag : ロードバイク コンポ交換 フロントクランク交換 BB交換 ボトムブラケット交換

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たけたけ

Author:たけたけ
はじめまして
40歳ライダー『たけたけ』
目覚めたのは2016年1月26日
【凄まじく加速する自転車バカ?!】

機械整備メンテナンスが好きなので
整備 カスタム 改造 自分でやります

ロードバイク FELT F75
『MTBコンポで超ヒルクライム』
SPECIALIZED Tarmac SL3 Pro
『DURA-ACEへ交換一直線』

クロスバイク GIANT ESCAPE R3
『コンポーメント 11速化』
走るより弄るのが好き?ww
いやちゃんと走ってますよ^^

カテゴリ
最新記事
もっとアスリートになりたいアナタに!!
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    最新コメント
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる