折り畳み式三本ローラー台がAmazonで1万円以内の格安で買える!!
iimono117 サイクルトレーナー 3本ローラー 台 折り畳み式 / ロール 間隔 5段階 調整 自転車 サイクル レジャー アウトドア トレーナー トレーニング サイクリング シェイプアップ

エアロハンドルのバーテープ交換

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法 巻き方


エアロハンドルのバーテープ交換
長い間使ってきたリザードスキンのバーテープが破れてきたので今回フィジークのバーテープに交換します。
ロードバイクのバーテープの交換は慣れるまで失敗をするかもしれませんが失敗しやすいポイントをピックアップしながら簡単にバーテープを交換できる巻き方の手順方法を紹介します。

尚エアロハンドルの場合はドロップハンドルの水平方向の部分は基本的にバーテープは巻きません。
その為にどのくらいでバーテープを巻き終えたら良いか?の参考にして貰えたら嬉しいです。

バーテープを綺麗に簡単に巻くにはどうしたら良いか?


エアロハンドルのバーテープ交換
バーテープをショップに頼まずに自分で交換する事はロードバイクに乗る誰もが一度は経験する事でしょう。
バーテープの交換を自分でして失敗したらどうしよう?という不安と愛車への愛情の中で自分でバーテープを交換してみたいと思い作業は始まります。

というか・・
お店でバーテープ交換してもらうお金が勿体ない

これでしょう!!気持ちは良くわかります笑
そのお金があったら自転車用の高性能ライトやスプロケを買うお金に使います。
実際バーテープを巻く作業は単純で簡単ですが【知らないから失敗してしまう】

ココにバーテープを綺麗に簡単に交換する方法のポイントがあります。

作業をやり易くする
汚いところは見えないように隠す
左右均等にする
統一感を持たせる


初めてする作業には知る事と意識する事が凄く重要です。

エアロハンドルのバーテープ交換
仮止めのセロハンテープを手元に用意しておく
こういう準備と必要性がバーテープを綺麗に簡単に交換するポイントです。
そしてカッターではなくハサミを使ってバーテープを切りましょう!!
ハサミが無いからバーテープをカッターで切る?
こういう事をするからバーテープを綺麗に巻けない事を自覚しましょう。

バーテープの交換 元のバーテープを取り外す


ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
グリップのカバーをまくり上げます。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
エンドテープを外します。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
古いバーテープを外します。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
グリップ根元の短いバーテープに注目
このテープも外しますがスグに捨てないで新しい短いバーテープの長さの目安にします。


ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
バーテープを外し終えるとテープの残りカスや汚れが残ります。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
新しいバーテープを巻く前にウエスや指を使ってテープの跡などを綺麗にしましょう。

バーテープの交換 必要な物や準備


ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
まずは新しいバーテープ
これは個人の好みが出るのでどれが良いってのが無いです。
ただバーテープの厚みがある方が衝撃吸収率が高く傾向にあり疲れ難いです。
薄くするメリットは軽量化と見た目と好みとしか言いようがありません。

今回はフィジークの2㎜厚のソフトタッチのバーテープに交換します。
Fizik(フィジーク) Bar Tape (スーパーライト) タッキーロゴ入(2mm厚) 0290000001 ブラック

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法

そして汎用のエンドテープ(重要)
これはそのままエンドテープにしたり綺麗なエンドテープを巻く前にバーテープを止める為に巻きます。
綺麗なエンドテープは予備がありません。
失敗しないように先にバーテープを巻き終えて止める役割と綺麗なバーテープを巻くのに失敗した時の保険として使います。
あと無茶苦茶安いバーテープにはエンドテープが付いてません。
TRUSCO 耐熱・耐寒・難燃 プレミアム ビニールテープ ブラック 19mm×20m TMPM1920BK

あとはハサミとウエスくらいですね。
先に書きましたがバーテープやビニールテープを切るのはハサミです。
カッターで切ると綺麗に切れないし怪我の元です。
それは何故か?

片手でバーテープを切る事になるのでカッターを使うと危ないし綺麗に切れません。

>ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
新しいバーテープにはグリップの根元に巻く短いバーテープが付いている場合と付いていない場合があります。
付いていなければ新しいバーテープを巻く前に切り出して用意します。
長さは元に巻いていた古い短いバーテープを参考に切ります。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
布生地のバーテープだと無いかもしれませんが一般的なバーテープの裏には両面テープが付いています。
両面テープの基本は張って使う時に少しずつ剥がして使います。
両面テープ同士の引っ付きやゴミなどが付着しないようにする為です。
確認しておきましょう。

バーテープの交換 新しいバーテープを巻く


ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
新しいバーテープを巻いていきます。
まずは両面テープを剥がさないで位置合わせをしましょう(重要)
先に両面テープを剥がしてしまってると苦戦します。

そして迷ったり知らなかったり忘れがちですが
バーテープの巻く方向はグリップを握る方向になります。

ハンドル左手側の場合で例を挙げると
外側から内側にハンドルを握るので左から右へ時計回りに巻きます。

ハンドル右手側なら半時計周りにバーテープを巻き始めます。

そしてSTIレバーのグリップから後ろの水平部分のバーテープは前から後ろにハンドルを握るので前から後ろへバーテープを巻きます。
ハンドルを握ってみてどちらに力を入れてハンドルを握るか確認したら簡単に理解できると思います。
ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
短いバーテープをセロハンテープで仮止めしておきます。
写真ではやや下側に写ってますが金具が隠れる位置に仮止めします。
バーテープを巻く作業の失敗の一つにこの金具のところがバーテープで隠れなくて露出してしまう事があります。
隠す事に必死に巻き過ぎてしまい不格好になってしまったりもするので短いバーテープを使って見た目を綺麗にします。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
新しいバーテープを巻き始めます。
セロハンテープで仮止めします。
この巻いたセロハンテープは巻いていくバーテープで隠れるように張ります。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
巻き始めをしっかりする事が重要です。
バーテープの重ね合わせはテープ幅の半分くらいです。
少し引っ張り気味で巻きます。
緩すぎるとハンドルを握った時にズレます。
激安の柔らかい素材のバーテープだとアホみたいに力を入れて引っ張りまくると切れてしまうので適度に引っ張りましょう。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
失敗例の写真になります!!
金具が見えていたらグリップカバーを元に戻した時に隠れません。
その為の短いバーテープです。

あとSTIグリップがアルテグラだったりデュラだったり105だったり大きさが微妙に変わります。
できたら下側から巻いてきたバーテープがグリップに差し掛かった時にテープ幅の半分がグリップにの根元に重ね合うように写真よりもう一巻きした方が保険が効きます。

一番良いのはこの時点でグリップのカバーを元に戻して確認する事です。

これで綺麗にバーテープが巻けているか分かります。
一手間掛けるだけで新しいバーテープを巻くのに失敗して使えなくなる事を未然に防ぎます。
こういう確認って大事ですよ。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
ドロップハンドルは場所によってはRを描いて曲がっています。
その場所は外側を広く内側を狭く巻きます。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
バーテープの巻き終わりはハンドルの下の隠れて見えないところで切ります。
上の見えるところで切ると少しボコって汚くなるので下に隠します。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
バーテープは重ね合わせで斜めに巻きあがって来てるのでエンドテープを巻く前に最短部を斜めにカットして加工します(重要)
これを先にしておかないとエンドテープを巻こうとした時に「あっ!!」ってなりますよ苦笑。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
汎用のビニールテープでバーテープを完全に止めます。
綺麗なエンドテープはあくまでもドレスアップです。
張る事が難しいのでやり直しの効くビニールテープで先に仕上げます。

新しいバーテープに同梱されている綺麗なエンドテープは薄くてシワが入りやすく切れやすく、失敗の効かない一枚で綺麗に確実に正確にエンドテープを巻くのは非常に困難で難しいので固定とドレスアップの分担を分ける訳です。

固定のテープ類もハサミで切りますが全てハンドルの下の見えない所で切ります。

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
写真を見たら気づくかと思いますが左右のバーテープを巻くのにロードバイクを動かしています。
横着して作業のし難い体制や環境ですると左右の統一性も取れないしミスった場合にも気づきません。
できるだけ作業のやり易い環境を作る事が車でも自転車でも同じくメンテナンス作業の基本になります。

あと蛇足ですが・・
エアロハンドルの場合エアロ形状をしているハンドルの水平部分のバーテープをどうすれば良いか悩みますが

一度自分で巻いてみた経験からハンドルに対してキッチリ水平部分までバーテープを巻いてしまうとダサかったのでハンドルの曲がっている場所の斜めまでしかバーテープを巻きません。

これは好みがあり賛否両論が出ると思いますが

エアロハンドルの水平部分に対して水平まで短くバーテープを巻いてしまうと恰好悪い

まあ・・エアロハンドルの方は一度試してみてください笑

ロードバイクのバーテープを綺麗に簡単に交換する方法
自分の経験からバーテープの巻き方のポイントを色々と述べましたが、一番最初に自分で交換するバーテープで100%の綺麗さを出すのは無理だと思います。
下手したら失敗してゴミ箱にポイです苦笑

ですのでリザードスキンのような高いけど人気がありレビュー評価が高いバーテープを一番最初に選ぶのでは無く、普通の価格のバーテープで交換作業をお勉強する軽い気持ちで自分でバーテープの交換にチャレンジしたら良いと思います。


tag : ロードバイク 初心者 バーテープ交換 エアロハンドル フィジーク リザードスキン

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たけたけ

Author:たけたけ
はじめまして
40歳ライダー『たけたけ』
目覚めたのは2016年1月26日
【凄まじく加速する自転車バカ?!】

機械整備メンテナンスが好きなので
整備 カスタム 改造 自分でやります

ロードバイク FELT F75
『MTBコンポで超ヒルクライム』
SPECIALIZED Tarmac SL3 Pro
『DURA-ACEへ交換一直線』

クロスバイク GIANT ESCAPE R3
『コンポーメント 11速化』
走るより弄るのが好き?ww
いやちゃんと走ってますよ^^

カテゴリ
最新記事
もっとアスリートになりたいアナタに!!
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    最新コメント
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる